7月22日(日)親子の日スーパーフォトセッションが開催されました。

「親子の日」(7月第4週の日曜日)7月22日(日)に毎年恒例の都内スタジオで親子の日スーパーフォトセッションが開催されました。

スーパーフォトセッションとは、ブルース・オズボーンさんが、この日1日だけで100組!もの全国からいらっしゃった親子の撮影をするというイベントです。

この取り組みは、今年で16回目となり、親子の日のメインイベントとして開催され、撮影を通して親子の絆を深めてほしいというブルース・オズボーンさんの強い願いを込めたものです。

撮影中お子さんが元気余ってしまい、カメラを構えたブルース・オズボーンさんの前まで走ってきてしまうなど可愛いハプニングが続出していました。

スタジオにはたくさんの親子連れがお越しになり、幸せなあたたかい雰囲気につつまれていました。

また、協力:日比谷花壇さんからは、「親子の日にはひまわりをプレゼント!」に賛同いただき500本のひまわりが、会場をひまわりで飾り尽くし、参加親子にもお土産として配られていました。

撮影した写真は、親子の日ウェブサイトや9月にオリンパスギャラリーにて展示される予定です。

協賛社様、関係会社様、ボランティアの皆様のあたたかいご協力があってのイベントだとあらためて感じました。

みなさま大変お疲れ様でした!